府庁提出書類


・ 宗教法人提出書類の書式
毎年、会計年度が終了して4ヵ月以内に、次の書類・帳簿の写しを都道府県庁等へ提出しなければなりません。

(1) 役員名簿
(2) 財産目録
(3) 収支計算書 (収益事業を行っている宗教法人、年収八千万円を超える宗教法人、収支計算書を作成している宗教法人のみ)
(4) 貸借対照表 (作成している場合のみ)
(5) 境内建物に関する書類 (財産目録に記載されていない境内建物がある場合のみ)
(6) 宗教活動以外の事業に関する書類 (公益事業や収益事業を行っている場合のみ)


・ 宗教法人の備付・提出書類一覧

「宗教法人法」の改定に伴い、一般寺院(宗教法人)が備え付けなければならない書類帳簿の書式例をご提示します。
この参考例は文化庁文化部宗務課編『宗教法人実務研修会資料』等をもとに、作成いたしました。

各書式の説明は、○をクリックすることで閲覧できます。
またダウンロード欄の○をクリックするとダウンロードすることができます。

ファイルはすべて自己解凍方式圧縮ファイルになっております。
ダウンロード後、ファイルをダブルクリックすると自動解凍できます。

ダウンロードしたものは自由に改変を加えて利用することができます。

文章形式、また文書の圧縮・解凍形式に関しては、作業上の理由から下記のフォーマットのみとなります。
ご了承の上ご利用下さい。

また、フォーマットの種類によっては、ご利用のプリンターの印字範囲との関係から、
罫線など手直しが必要となるものもあります。ご了承下さい。


 提出先 540−8570 大阪市中央区大手前2丁目  大阪府生活文化部 私学課 宗教学事担当

※ 注 意
この「備付・提出書類見本」、ならびに「書式のダウンロード」は、一般の御寺院の書類作成に際して便宜を図るためのものです。




Copyright ©2009 Osaka Buddhist Org. All Rights Reserved.